憶往豆乳昔_ 0

かつての靑春は満面の世の変転に覆われている;

Pでもない日が続いているのですが、

は君は歳月、どれだけの浮瀋を持っていったか.

pというのは、またたく間にすでに灰がきえている!

pは行っても帰って来ない.

涙は目の縁に回っています.

pは、苦しいしても出たくない.

pは軽く滑落て顔をしていたが.

よりによって、また口に落ち、

は元の涙はちょっとしょっぱい.

Pは記憶が暖暖、

はPは涙が暖暖、

p心は冷たい!

どうして涙が出るの?昼も夜の暗いことはわからない.何のために?悲しみはずっと私を伴って!

に桃李言わざれども下自ら蹊を成すの出家高僧逝世すなわち事が円満に終わる入滅,豆乳、いったいいつ事が円満に終わるかどうか?

p>からおばあちゃんかも<されて影響が多いだろうが大好きなので、仏、多分私は仏縁ずっとしたい単純な仏教徒、いつまでも心ッター寺は落ち着いて,心身をリラックスして、もし遇イライラした時、寺に行って私が穏やかで,安然.今の私、また心を心に行って!

Pは心身ともにリラックスして、私は贅沢に楽しんでいましたとしている.私の仏陀の慈悲、生涯私は1名の使命の仏教徒を完完成させる仏教徒で、この一生私は引き続きこの生涯を続けることを続けてきました……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です