1地の豆乳落葉、拾得の赤い

赤、私が好きな色、冷ややかな色.赤色の紅葉、冷たい季節.何もしてないのに,静かに横になって、そのような悲しみも.私はそれを嫌い、そのような派手さ、私は私の眸、私に冷たい、この季節、この季節.拾得、習慣が麻痺している.清掃員が来て、そんなに大きい竹のほうき、少しだけ力を入れて、地面の赤色、ない.私は怒って、理由がなくても阻止して、できない事.

が数日の光景は、木の赤で消えていくが、あと数片、天涯孤独である、思わず、かわいがって.雨が降って,豆乳、微起の風、私の髪が乱れた.ただ、そのとどまることはない.笑って、1種の表情、あまりにも多くの意味がありません.空白、パッチワークがない.窮乏の文句は乏しかっ,どのようにしても欲しいものはありません.

p指の指の温度、ゆっくりと退却、少し恐れ、このままで.殘てもやはり留はしないと思っていた.顔には潮紅、かすかに発熱、日光はそっと私を懐に組み入れ.何かを堅持する物質が存在し、清、道不明の情緒があるらしい.私はこのように、日光の眷顧を得ることを渇望しました.それは、赤いの赤い犯人の一つに連れ去られているということですが,
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です