夢の豆乳旅

じゃ、夢の帆に昇っているところ

は揺りかごベッド、

は揺りかごベッド、

がありますPは温水で敷いて、

Pは空で勘定をして、

彼女に充満してぴいぴいの情のつぶやき、

は蒸散して夢の香りが立ちこめる!

車窓の外へ、夏の暑さは雨の音ですっかりなくなって,豆乳、ただ遠くずつスパークたまに温情の瞬き、山のほうが少し赤く明るい空に、静かに立ってかすかにの山が、まるで伝説の蓬莱仙宫.胸いっぱいの好奇心があって、一面の驚きの中、車に停車長さ2キロのトンネルに入るかどうか、これは桃源仙境のあの山に小口有り、まるでもし光のところは?戸惑いながら車が、着こなしてトンネルを抜けると,下り、転機が訪れる、百歩九割で止まったネオン燈の下.

p>に揺れる<数本の多情なシダレヤナギは、小橋流水人家ながら;地面を敷き詰めて滑らかな玉石でまるで穀小渓辺の苔、沿道のホウライチクとあの抑揚ヒョウタンの糸は私に教えて、ここは孔雀の故郷!赤は脚、靴、清涼の石畳と接触して、いつも変な感じ、歩いてダンス、仲間のひとしきりの笑い声を招いて.いい!夢は?

第一次の晩に温泉につかって、まだおしゃれです.少し照れてるのを夜の景色の中で、そこにも映画に象あれらの麗人ゆっくり気前の大がかりなのでしょうか?こんな格好は歩いて金色のビーチたり、大きな椰子う,どのようにまたこのうねりの小径ながら?いくつかの人影を渡る風のように時の音楽につれて、漂いホウライチクで中.ぼんやりした夜霧水煙霧雨の中で、大小の池に輝く清冽な光.その波乱の竹楼にやさしい温情の蛍のように提燈はなんとなしに彩られ目の前にこの絵霧雨水郷図.私は夢の中で?

p>と<下りエスカレーター、慎重に足を暖めて、少しの水があふれた足の甲、やさしい、暖かい、友達に支え伸ばされた手、引き続きゆっくりと下に行く、うずくまっにしみこんだことがあって、ぬるま湯すね、上へ上へまで、胸元を過ぎ!涼しげな風渡る生え際、緊張のあまり、水温を撫でて透紅の顔は、故郷に戻ったの小渓辺、さらに嗅ぐ渓流淡い草味、増水に流れ着いた少し水臭み.故郷の非常に小さな渓、幼少も仲間たちと一緒に川辺ばい高竹の子、打猪草、小魚、小さいどぶがいを探して、足を踏んで清らかな水、ほっぺたはキスしたの柔波甘い.徐々に成長し、水の懐にあこがれて、ずっと遠く眺める,
;ずっと水の温情を感じて、ずっと岸の苦しみなど.時には甚だしきに至っては企みに滑り込ん小渓、抱きしめてその緑酔わせる美酒—-そぞろ歩き川、川のほとりにしても、ただ空が水への憧れ.海の砂浜に行って、水の優しさとロマンを感じないで.今日で液体に浸して水の柔波には、夢ですか?

p池に水は深い、ある所と腰、ある所は足を揃え、くるぶしがないところもあります.私たちは泳いた深水>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です