痴豆乳情

p>人間は<から情痴この怨みに関係なく、風と月.

p>と<を求めさすらう雲の海、と愛顧青藤優柔まで枯れ老、と時間に時間を忘れて、と思ったのを含んでひたむきに、私と思った……痴情について、過去の歳月には1つの間もない言葉が発見されている.しかし、感情の砂漠に現れたのは緑で,旅人止め時の迷って、甚だしきに至っては通りかかる……

痴情は涙は涙の黙し流、女子座り込み思い出には物思いで.痴情は深夜の孤灯は、月光に見渡すかぎり水である,
.待ってる、情のすべてだから.

私は痴情、この世界は美しく、ある人は、自分のために自分のため、生死を忘れて、私は自分の世界は美しい、と信じたい.は気持ちが分からないから、一往而深、生けれども死に、死者が生.痴情はすばらしいよしみ、もう1つの心は思慕者、すべて世の最も貴重なもので,豆乳、仕返しを求めて、あなたは私を求めないで、ただ出会うだけで十分です.一生は私のやさしい故郷、私は腸の曲です.

ひたむきな心の災害は、飛んで火に入る夏の虫、剣の山、万丈崖.痴情者は何も忘れて、忘れてしまいました……

1段の光陰の時に、あるいは痴あるいは愚かです.では,幸せにしているでしょう.