節電の豆乳電球は発ガン可能性がありますか?

にイギリスデイリーエクスプレス(DailyExpress)』の報道によると、ドイツ最新研究によると、省エネ電球を放出するという「ノール(phenol)の発ガン物質は、この物質は甚だしきに至っては、第二次世界大戦中はナチス害毒ユダヤ人に持ってきて.

この研究発表後,すぐに消費者が節電電球のどよめきを使ってはいけないと訴えている.ドイツエンジニア連盟の技師柯希纳(AndreasKirchner)に提案して、人々は通風のところに使用電力電球、更にあなたの頭はそれに近づく.

しかし、イギリス環境部は省エネ電球は安全で、一部のイギリス学者は節電電球ないこんな危険,豆乳、消費者は過度パニック必要はない、しかもこの研究の正確性を更に多くの実験をサポートし.

しかし、専門家は、距離(30センチ以内以内)という距離(30センチ以内)で節電電球を使って、健康的な疑いはないと思う
.

になっても、急に清掃の電球を打破しないように、先に清掃して、イギリス環境部は扉と窓を開けて、部屋を換気少なくとも15分.電球内の水銀の蒸気は徹底的に散って、破片を整理する時まだゴム手袋を着用して,電球と皮膚と接触することを免れて.

p最後に破片をプラスチック袋に詰めて密封し、家の近くの資源回収場で捨て、日常ゴミに混ぜて捨ててはならない.(曾慧雯コンパイル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です