どの豆乳ように治治療乾癬乾癬のじゅうごは民間の処方

治療乾癬の民間の処方は患者は日常生活の中での材料を探し当てることができて,患者の操作便利、もし皆さんに興味を持って、一部の民間の処方はもしかしたらあなたに思いがけない収穫して、しかし、ここで注意して乾癬患者丁重に友達を持って、くれぐれも要らないで民間の処方が薬用.

1、1、新鮮な臭い梧桐の枝、折れて汁を塗って患部を塗って、毎日3~5回.

に、鮮スベリヒユ500 g、洗浄捣烂、屋台を布に貼って、一日交代.

1日1回の羊蹄にして患部を塗って、1日1回は.

1つの4、柔らかいクルミの適量、刀で胡桃の緑色の外皮、みじん切り、ガーゼパック、力を入れて患部を拭き、毎日3回、20日間.

ご、生卵に成熟酢の液体に浸して、150 ml、ななしち日、取り出の殻、捣烂、患部を拭いて、使用時に調製する.

ろく、杏仁15g、米酢250 mlをつぶし、アーモンド、米酢と混ぜて加熱し、先にぬるま湯を再洗浄、熱いうちに洗濯をこすって、毎日1回、连用に~さん度、間隔に日繰り返し使用上の法.

ななしち、生半夏大者いち、酢少々、お酢半夏磨ジュース、患部を塗る.

はち、くじん200 g,成熟酢500 ml,豆乳、一緒にご日液体に浸して、先にぬるま湯に患部をきれいに洗って、塗り薬以上鱗屑、また、いずれそれぞれいち度、连用さん~ご日.

きゅう、く、硫黄30 g、成熟酢60ml、合計まで煮る酢干を度にして、研の末、菜種油調塗り箇所.

p> <じゅう、新鮮な紫花地丁30 g、燈油適量を液体に浸して、紫花地丁燈油で24時間、時を紫花地丁手でこすって何回患部に塗擦、毎日.

じゅういち、新鮮な巢いち、明礬30 g、カンフル15g、米酢250 mlを焼いて灰に蜂の巢、明礬共研など粉を入れて日にななしち樟脳米酢、薬を混ぜ、とろ火煮薄い粥状、患部をきれいに洗った後に剃って塗り薬で、毎日鱗屑、いち度、连用数日.

P12、キャッツアイの適量、白汁、外塗り患部、毎日3回.関連書籍発見、キャッツアイ草は皮膚結核治療治療に一定の効果があります.

じゅうさん、紅花15g、アルカリ粉30 g、お湯を注ぎ足す80ml、調和攪拌割半ペースト、毎日何度も塗り箇所、じゅうごをいち日コースがあり、连用につの治療のコース.

じゅうよん、側柏葉、シソの葉の各200 g、ハマビシの400グラム、共にひかれて粗粒、装紗布袋内、加水2500ml、煮沸してさんじゅう分、柔らかいタオルを洗って液体溻やひたす.そのハマビシの平肝解鬱、血行をよく風を取り除くのは、明目のかゆみ止め効果.に目の赤い翳障、風疹かゆい.

じゅうご、硫黄、コショウ各10 g、いちの卵、卵を割って、一口に卵白、留卵黄、薬を塗って、混ぜ入れ、とろ火あぶって乾かすと一緒に、一緒に研粉卵の殻に加え、食油アンケート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です