とうきの豆乳役割トウキスープ調節免疫機能を調節

当帰補血スープを劳倦内傷、貧血ガス弱、陽が浮かんだ.貧血症気が弱くて、陰と陽は維、だから筋熱面赤、煩わした喉が渇いて飲み、その煩わして喉が渇いて,豆乳、常時煩わし時まで、喉が渇いて喜温かい飲み物;脈大きいでホロウ、重さには気が弱い無力、貧血、陽のように浮かぶほど、貧血発熱の未来キー.治宜気生血をガス旺血生、虚熱は止.側に重用黄耆、その用量五倍、当帰、其义二:この方证は陰の貧血虚すぎて、陽が浮かん散亡しほど、この時,恐一時滋陰補血固に及ばない、陽のほかに亡くなり、故重用黄耆元気をつけてもっぱら固筋表、すなわち有形の血は速生、無形の気が急に固の理.

当帰補血スープは促進造血、調節の免疫機能、心の脳血管などの作用を保護し、当帰補血スープに多種の原因の貧血など血液疾患、心の脳血管システム及びその腫瘍などの疾病を提供する科学の実験によって.

トウキ補血スープ:トウキスープ:

補血補血

食材:当帰、黄耆,赤いナツメ、ウズラの卵、砂糖を少し .

P作り方:

材料を準備します;赤いナツメは核に行ってきれいに洗って、黄耆、当帰清水で漬けご分後に清水できれいに洗い流し、ウズラの卵を煮殻水;;ウズラの卵を除く全ての材料を鍋に入れ、適量の清水に参加して、大火をゆでて転中小火、煮じゅう分鍾後加入うずらの卵、さらに煮じゅう分とろ火で煮て、停止して、じゅう分.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です