ろく大(男離脱早豆乳漏苦界

男自疗早漏の六大妙法

P1、心理的要素を解消して<P>

を正確に性欲扱いとは考えられないやましいことが嫌いと恐怖で、性知識をしっかり認識の要素は、精神性機能の影響から二回性交失敗と落胆を心配し、自信がない.

の男性の科の専門家の紹介に対する早漏の男友達、夫婦双方の感情の交流を増やし,レビトラ,豆乳、調和の要素、暗黙の瞭解が協力し、女性は配慮、愛撫、励まして夫を避けるために、不満がこぼれる、避けるには夫によるストレス;性交時思想の集中、特に達成性快感ピークで、間もなく射精時に、より集中して.

P2、食養生、主に以下の2つの方面

を表現します

A、たくさん食べて精力食べ物:羊肉、スズメ、クルミ、ブルウィップ、羊肾などの動物の内臓を含むので大量の性ホルモンと副腎皮質ホルモンをすることで、精子活力を高め、性欲も、所属精力の品.

また亜鉛食品例えば牡蛎、牛肉、肝臓、卵、ピーナッツ、豚肉、鶏肉などが含まれ,アルギニン食品例えば山芋、銀杏、高野豆腐、タウナギ、ナマコ、イカ、タコなど、性機能の向上に役立つ.

B、必要がないように食べるヘチマ断ち物:がインポテンツなどの予防は科学的根拠がない、インポテンツ、早漏なく断ち物を避けるために、至る所に防衛増加、心理的負担は避けながらも、栄養が不足し、体も弱い.

P3、節房事、戎

調査によると、長期の性交すぎると,欲の中で浸る楽、なお、オナニーも頻繁につながる精神的疲労ことは、インポテンツ、早漏の重要な原因は、禁断の列.

の専門家は「夫婦分ベッド、停止性生活時間を避けるために、様々なタイプの刺激性、中枢神経性器官と十分に休んで、確かに防除インポテンツ、早漏の有効な措置.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です