怒る1時豆乳間=徹夜6時間

は、症例1時間による体力と精神を消耗し、殘業6時間に相当していると分析しています.人のマイナスの情緒は釈放、血圧の上昇、胃腸の乱れ、免疫力低下など、皮膚の弾性低下、色素瀋着、誘発疾病.そのため、生むれるは自分に対して殘虐を加えることです.人は世の中、五味は雑陳、人に怒らせること、正しく対応する必要がある.

"P"は、心に解決の道を求める.時には、数日間、私たちは、非常に多くの感情が非常に悪い、これはしばしば多くの小さなことから、ひどい分割法を試してみても」.最悪な一日をひとつにお前に悪い事を感じる事と、静かに心で回想していることは何かを感じている.考えて、あなたはびっくりして発見して、実は多くの事は何もできなくて、あなたさえ自分のあれらの滑稽な習慣性について笑います.ある事は確かにとてもこまって、しかしそれを提げて単独で見ることができて、あなたは思っていないでそんなに人に受け入れにくいことと感じます.

外外、はかすの輸出を見つける.気持ちを解放できると訴えて、良い聴衆を見つけて.良い聴衆は問題解決を助ける必要はありません、聞いて、聞いて、非難、タイムリーに自分の経験を分かち合うことができることは良いです.交流を通して、自分の経験を発見することが一番悪いとは.耳を傾けることも、自分の心を穏やかにして、他人の経験は自分自身に安心させて、そして人と付き合う感覚は私たちにはそんなに苦しくないと感じます.普段、友達の良い聴衆、あなたに必要とする時、彼らはあなたのよい聴衆になります.また、運動、パーティ、歌も良い対外的なはかす方法.